日之出工業|ブログ

 
 
   屋根工事
  新築
  葺き替え
   太陽光発電
 
 
 日之出工業 株式会社
 住所:広島県福山市神辺町  川南142-1
 TEL:084-960-5959
 FAX:084-962-1997
   
    
 

HOME > 日之出工業NEWS:ブログ

日之出工業NEWS

日之出工業NEWSのカテゴリーを選んでください。

総数393件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79

2011.10.14  環太平洋経済連携協定(TPP)への参加についての是非を問う議論が与党の民主党内で始まりましたが、積極派の議員と慎重派の議員との間で議論の応酬が有ったようです。今回は、隣国の韓国がTPPに参加を表明して米国と協議に言ったとの報道があった直後だけに、危機感を持った輸出関連の企業からは米国の輸出が韓国と比べて不利になるとの悲鳴が出ており、この事が積極派の議員を動かしているようです。しかし、一方で農業関係を中心とした慎重派の議員は国内の農業が大打撃を受けると反論しています。この問題は、本当に難しいと思います。早急に結論を出す事は大切ですが、各方面で従事して働いている方の事を考慮し充分に議論を尽くした後にして欲しいと思います。

2011.10.13  厚生労働省が厚生年金の支給開始年齢を現行の65歳から68歳に引き上げる案等の3案を提示しましたが、現行の65歳でも年金生活をされる方は大変な状況なのに支給開始年齢を3歳も遅らせるのは本当に酷な話です。今のわが国の状況はサラリーマンの場合56歳〜60歳位の年齢になると定年退職になると思います。その後、他の会社へ再就職を希望しても高齢者には就職先が無いし、又採用も難しい状況で雇用の確保が出来ていないようです。定年退職をされた人達は、退職金や預金などで生活をしているようです。この様な生活状況で開始年齢を引き上げると年金を受給する年齢になった時には退職金や預金が全て無くなっている事も充分考慮されます。そのうえに将来消費税を引き上げるとなるとこれから先に年金生活を迎えら方は二重苦・三重苦の生活が待っていると思います。厚生労働省の役人さんや国会議員さんは、庶民の生活を知らないし理解していないように思います。高齢者の雇用を安定的に確保して企業の退職者年齢を引き上げる等を整備してから、この様な法案等の議論をして欲しいと思います。

2011.10.12  ソニーの液晶テレビの「ブラビア」から発火するとの発表が出されました。これは、本体内部の部品が発熱して発火し本体の上部が溶ける事故が11件起きたとのことです。対象のテレビは、5機種で生産時期は07年7月〜08年6月に生産された液晶テレビです。国内では、18万台がリコールの対象になっており回収して無償修理をするようです。原因は、液晶バックライトを点灯させる変圧器に不具合があった事だそうです。皆さんもこのリコール対象のテレビをお持ちでしたら直に修理をして下さい。

2011,10,11  欧州の大手銀行のデクシアが経営破綻をするようです。今回のギリシャ危機から最も懸念されていた銀行の破綻問題が起きました。現在、日本では円高が続いており原因の一つであるユーロ圏の一部諸国が大量の国債を発行して債務超過危機なり、国債のデフォルトが起きるのではないかとの憶測があり、この問題が円高につながっています。今回の銀行の経営破綻は、同銀行がギリシャやイタリアの国債を大量に保有しており、不良債権額は950億ユーロ(9兆7千億円)位になるとの事です。今後、他の銀行の不良債権問題が起きる事も考えられます。これから先、わが国の景気回復を遅らせている円高問題が円安へと動かずに輸出関連企業の経営が悪化して、さらに国内の景気が悪くなるような気がします。ユーロ圏の一部の国の債務超過問題が早急に解決される事を望みます。

2011.10.11  今年の3月11日の大震災及び福島県の原発事故の影響で東北地方の3県で高校の中途退学者が11名出ているそうです。退学の主な理由は、「親の失業で家計が苦しくなり学業をあきらめて家計を助ける為に仕事に従事する」「新しい転居先からの通学が困難である」また、同様の理由で高校の休学をしている生徒も多数いるようです。各地の教育委員会でもこれから先に雇用環境が改善されない限り、失業者の増大で家計が不安定でさらに生徒の中途退学者が増えるのではないかと懸念をしているようです。今回の大震災は、被災地の復興だけではなくて放射能汚染問題や雇用環境の悪化などさまざまな問題を引き起こしていますので、早急に政府や自治体が対応策を検討して実行をしないと、子供や若年層の人たちの将来を不幸にすると思われます。わが国には、学生を援助する目的で作られた「奨学金制度」も存在しますが、卒業して就職しても奨学金を返済しない人が沢山おり、奨学金制度自体が危機的な状況にあります。今回の大震災の被災地の学生さんには、特別枠の奨学金を設けて高校生の中途退学者を出さないような政策が必要だと思います。日本中で奨学金の未返済の方は、これからでも「奨学金制度」維持の為に返済に努力をして欲しいと思います。

総数393件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79


 
 
 
 
 
 
 
 
 | HOME  |  お問い合わせ  |  会社案内 | 当サイトについて | 個人情報保護 | おすすめサイト | 相互リンク集 | サイトマップ | 
Copyright c 2010-2015 日之出工業 株式会社. All Rights Reserved.SEO対策 大阪住宅リフォーム太陽光発電 オール電化